ニュース

短期登録制度出場選手を発表

 JKAは26日、2019年短期登録選手制度により出場する選手を発表した。男子はテオ・ボス(オランダ)、ジョセフ・トルーマン(イギリス)、マシュー・グレーツァー(オーストラリア)、マティエス・ブフリ(オランダ)、シェーン・パーキンス(ロシア)、シュテファン・ボティシャー(ドイツ)、デニス・ドミトリエフ(ロシア)の7人。3月24日に来日予定で、4月7日の松戸FⅠから出走を予定。
 
 女子はナターシャ・ハンセン(ニュージーランド)、ロリーヌ・ファンリーセン(オランダ)、ステファニー・モートン(オーストラリア)、マチルド・グロ(フランス)、マダリン・ゴドビー(アメリカ)の5人。4月7日来日予定で、4月中旬から5月下旬のレースに出走する。また、4月28日に伊東競輪場で「ガールズケイリン インターナショナル2019」を開催。ファンリーセン、モートン、グロ、石井貴子(千葉)、小林優香、鈴木奈央、太田りゆが出場予定。