ニュース

【松戸GⅠ初日11R】脇本完勝も「まだまだ進化」

 松戸GⅠ初日特選11Rは脇本がワールドクラスの脚力を見せつけた。打鐘7番手から巻き返して主導権。マークした村上義は2センターで車間が空き離れたが、スピードに乗った脇本は2着に4車身差をつけて楽々と逃げ切った。文句なしの完勝にも「もっとラインを引き連れるレースができたんじゃないかな」と反省。「風よりも湿気があって重く感じた」と感触を語った。

 

 4日目のゴールデンレーサー賞まで2日間の〝休日〟になるが「自転車を換えてみようかな。いけると思ったら使ってみる。まだまだ進化したい」と貪欲だった。