ニュース

【岸和田FⅠ最終日11R】三登「一番のレース」で勢い

 岸和田準決10R、三登誉哲が山崎賢相手にあっと驚く逃走劇を展開。赤板で抑えてからスローペースに持ち込み、ホーム前から加速して力強く逃げ切った。

 

 「今までで一番のレースです」と会心のレースに笑みがこぼれる。「3番手が離れていたのでTV(電光掲示板)を見ながら走りました。前回からギアを換えてトップスピードを出し切れるようになりました」。前回玉野に続いて連続して決勝進出と好調をキープしている。今回は最高の追加出走になった。決勝戦は古性、山崎ら強豪相手で簡単にはいかないが力を出し切るだけだ。