ニュース

【大垣FⅠ最終日11R】飯野気合「チャンスはある」

 大垣S級準決勝9Rで飯野祐太は逃げる竹内の4番手を確保から直線外を伸びて1着で決勝進出を決めた。「セッティングを全体的に修正して初日より良くなっていました。ただ、もう少し早く行けばラインで決まっていたかも。気持ちが弱かったです」と話す。

 

 初日9着で納得的できなかった動きをしっかり立て直してきたのはさすがだ。決勝戦(11R)へ向けても「ブフリを9番手に置くことができればチャンスはある」と気合を込める。ライン3車を生かしての激走に注目だ。