ニュース

【函館GⅢ3日目12R】藤根 準決でどんなレース運びを見せるか

準決に駒を進めた113期の藤根俊貴

 

 113期の藤根俊貴が準決に駒を進めた。

 

 二次予選Aは古性との対戦。打鐘で主導権は握ったが、8番手からカマした古性にあっさり叩かれた。その後は1度は古性に離れた村上が追い付き古性―村上の3番手を追走。最後は2着になったが「流れ込んだだけで内容はない。古性さんはグレーツァーみたいなスピードだった。出切ってからのペース配分などもしっかり考えて走らないと」と振り返った。

 

 それでも「GⅠクラスの相手との対戦はいい経験になった。あらためてもっと練習して強くならなければという気持ちにさせられた」と前向きに語った。

 

 準決12Rでは清水との対戦。ルーキーが初めての記念でどんなレース運びを見せるか注目だ。