ニュース

【西武園FⅡ最終日7R】小田倉 好調の波に乗り自力勝負

好調モードに突入した小田倉勇二

 

 昨年までS級だった小田倉が完全復活のノロシを上げた。

 

 準決勝6Rで抜け出し快勝。金野のトリッキーな動きをしっかり追走しゴール前で鋭く追い込んだ。今年1月小田原FⅠ以来のファイナル進出に「金野君が頑張ってくれたおかげ。それに尽きる」と小田倉は他地区でも果敢に仕掛けた金野に感謝しきり。「近況の成績通り踏めている」と好調をアピールした。

 

 決勝は東日本連係を主張して嵯峨―工藤の3番手が回れる構成だが「1人でやります。単騎でも自力勝負」ときっぱり。好調なタテ脚で嵯峨VS森川の二分戦に風穴を開けるか。