ニュース

【京王閣FⅡ初日2R】土田 積極果敢に攻める!

デビュー戦を迎える115期の土田武志

 

 115期の土田武志(20=茨城)が待望のデビューを迎える。高校時代は陸上の短距離種目に打ち込み、100㍍の自己ベストは10秒77。

 

 潜在能力の高さは群を抜き、兄の栄二と同時に適性試験で日本競輪学校(現日本競輪選手養成所)に入学した。「取手のGⅠ(17年全日本選抜)で初めて競輪を見て、武田(豊樹)さんと平原(康多)さんに憧れました」。

 

 卒業後はバンク練習とウエートトレーニングを重ねて「学校時代より粘り強くなってきたかな。(師匠の)堀内昇さんのようにS級でも先行で勝負できる選手になりたい」。積極果敢な競走で初白星をつかみ取る。