ニュース

「第46回九州地区プロ自転車競技大会」ケイリン山田庸平 初V飾る

 来年6月に豊橋競輪場で開催される第67回全日本プロ自転車競技大会の九州地区代表選考を兼ねた「第46回九州地区プロ自転車競技大会」が21日、北九州メディアドーム(小倉競輪場)で九州地区の選手会6支部から選抜された選手により行われた。
 
 ケイリン決勝は佐賀の兄弟連係が的中。兄・英明の逃げを弟の山田庸平が絶好の番手回りから差し切り同種目初優勝を飾った。中川VS荒井の3年連続同じ対戦となったスプリント決勝は中川誠一郎が逃げ切りで第40回大会(別府)以来、同種目2回目の優勝を飾った。各競技の成績は次の通り。
 
【スプリント決勝】
中川誠一郎(熊本=10秒724)1―0荒井崇博(佐賀)
【ケイリン決勝】 ①山田庸平(佐賀)11秒034=差し②山田英明③園田匠
【1㌔タイムトライアル決勝】①山崎賢人(長崎)1分04秒630②橋本瑠偉③森山智徳
【4㌔個人パーシュート決勝】①成松春樹(佐賀)4分55秒868②田中弘章③緒方慎太朗
【4㌔チームパーシュート決勝】①大分チーム(安東宏高、小岩大介、利根正明、池部壮太)4分24秒129②福岡③佐賀
【エリミネイション決勝】①松尾信太郎(福岡)②安東宏高③野田源一
【チームスプリント決勝】①長崎チーム(井上昌己、佐藤幸治、山崎賢人1分14秒389=大会新)②佐賀③福岡