ニュース

【小田原GⅢ2日目10R】嵯峨 準決進出へ気合

 小田原が初めての記念となる113期の嵯峨昇喜郎が7Rで1着スタート。抜群のダッシュでカマすと最後は守沢を悠々と振り切った。「周りに見せないようにしているけど、凄く緊張する方でやばかった。いろいろ考えてしまうと駄目だと思い、最初から練習と同じように残り1周半の時点でカマそうと決めていた。最後は守沢さんが手加減してくれたんじゃないですか」と初々しく振り返った。

 

 2日目10R・二次予選Aは「番手はいつも一緒に練習する高橋さんなので心強い。持ち味を生かして準決に進めるように頑張る」と気合を入れていた。