ニュース

【函館FⅡ2日目7R】地元伊藤 1番車から決勝へ

 看護師から転身した地元函館市出身の伊藤のぞみ(32=北海道)は初日4着スタート。「内を空けてしまった…。(雨の)水しぶきで前が見えなかった」。大本命の石井貴子をうまく追走したが、2センターで黒河内由実に内をすくわれ万事休す。直線は伸びを欠いてしまった。好展開を生かせず唇をかんだが「風が強かった中であれだけ踏めた。脚は悪くない」と前を向いた。

 

 北海道登録の女子レーサー誕生を目指して函館競輪が立ち上げた「ホワイトガールズプロジェクト」の2期生。デビュー場所の豊橋で準V(⑤③❷着)を飾ったように高いポテンシャルを秘めている。2日目7Rは好位がキープしやすい1番車。地元戦の決勝進出は最低ノルマだ。