ニュース

日本写真判定社 台風被害の千葉市に100万円寄付

日本写真判定社の渡辺代表取締役(右)が千葉市の熊谷市長を訪問

 
 公営競技場の包括業務を行っている日本写真判定株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:渡辺俊太郎)が18日、千葉市役所の熊谷俊人市長を訪問した。
 
 今回の台風15号で被災された地域の支援を目的に「令和元年台風15号被害 復興支援金」として災害見舞金100万円を寄付。復旧復興のために活用される。
 
 熊谷市長は「千葉競輪場は日本初の国際規格による250㍍競輪を実施すべく解体工事が進み、来年中の工事完了を見込んでおります。ご期待ください」とコメントした。