ニュース

【防府GⅢ最終日11R】宮本 最後まで奮闘

 昨11R、宮本隼輔は6着に敗れて初の地元記念優出はならなかった。先行態勢に入ったが、後位に鈴木が飛び付いてペースを保つのが難しくなった。それでも「やっと兆しが見えました」と、吹っ切れたような表情に。大会前から状態の悪さを訴えていたが「周回中や道中の感覚が悪くなかった。久しぶりの感じです」と決して下を向くことはなかった。地元記念はまだ終わっていない。「最終日はフレームを戻してみる。あと1日、頑張る」。優出は来年にお預けとなったが、最終日も地元ファンに存在をアピールする。