ニュース

【広島GⅢ初日6R】佐伯 気迫の走り

佐伯 辰哉

 

 地元の佐伯は9月に特進を決めてS級に戻ってきた。以後も好調をキープしている。

 

 「A級の時から特進して地元記念を走りたいと思っていました。いい感じで仕上がりました」と話す。好調の理由はウエーートトレーニングを本格的に初め、パワーアップに成功したことにあると言う。

 

 昨年は松浦悠士がV。「地元連覇へ向けて誰かが決勝戦に乗っていけるように」と、6Rでは先輩の池田を連れて気迫の走りを披露する。