ニュース

【大垣FⅠスポニチ杯最終日11R】長尾 立て直した

長尾 拳太

 

 地元・長尾の仕上がりがいい。準決9Rでは果敢に先行して別線を封じて押し切った。

 

 「アタリが付いた。力が入るし、初日よりもだいぶ良くなった」。急な追加配分で「調整不良」ともらした初日だが、しっかり軌道修正を果たして決勝に駒を進めてきた。ホームバンクだけあって、立て直してくるあたり〝さすが〟の一言だ。

 

 11R決勝は売り出し中の機動型に、実力者が勢ぞろいして一筋縄ではいかない。しかし、勝手知るホームバンクで走り方は熟知。勝算は十分ある。自慢のパワーを発揮して地元の意地をみせる。