ニュース

【高松FⅠ最終日12R】山下 好調アピール

 S級準決勝10Rで山下は先行態勢の九州勢の番手を内から狙い、次は捲ってきた久米ラインにスイッチ。最後は直線追い込んで1着と大立ち回りを演じ好調をアピールした。「真ん中か番手の二択でした。セッティングをいじってかみあってきました。いい流れが続いています」と笑顔。捲りを含めた自在の走りがさえ渡っている。決勝戦は久米をマーク。好追からタテ脚の威力を発揮だ。