ニュース

【豊橋FⅠ最終日12R】原 食らいつく

 初戦に続き、準決勝も山口の10秒8の捲りに付き切って2着の原は「付いていけて良かった。自分は元々捲りの方が付きやすいので。初日は口が開いてしまったけど、カマシじゃなければ大丈夫だと思う」と山口マークにある程度の免疫が付いた様子。「4月末の岐阜と、5月初頭の弥彦も拳矢君と一緒なので。いいイメージを付けることができて良かったです」と胸をなで下ろす。大垣記念の決勝進出(3着)から自身の感触も上昇中。決勝は竹内を加えての岐阜ライン3番手。しっかりと食らいついて上位独占を目指す。