ニュース

別府初のGⅠ「第34回全日本選抜競輪」 PR隊来社

 別府市経済産業部公営競技事務所の上田亨所長と高木佳子主査が29日、選手会大分支部の安東宏高(36、写真)とともに、別府競輪場で行われる「第34回全日本選抜競輪(GⅠ)」(2月8~11日)のPRのためスポニチ大阪本社編集局を訪れた。

 

 上田所長は「別府では初のGⅠ開催です。全国各地区の強豪が集結するビッグレースですので、多くの方に注目いただき、売り上げ目標の95億円を達成したい」と抱負。高木主査は「総額200万円キャッシュバックの電投キャンペーンも用意しているのでぜひ参加してください」、安東は「この時期の別府は魚がおいしいですが、その中でもフグがおすすめです。温泉と一緒に楽しみに来て下さい」とそれぞれPRした。

 

 本場では「ガリットチュウ」の福島善成(9日)、じゅんいちダビッドソン(10日)、篠原信一(11日)のステージイベントや、全国のグルメが集結する「全日本選抜『食』選手権」(期間中毎日)などイベントも連日用意している。