ニュース

【記者コラム】将来性感じさせる114期当銘

 新期がスタート。昨年7月デビューの113期、114期の選手はプロ2年生になった。担当2年目の記者にとって彼ら彼女らはいわば〝同期〟で大いに刺激を受けている。1日までの静岡FⅡで伸びしろを見せたのが114期の当銘(とめ)直美(23=愛知)だ。
 
 追込み選手としての経験をコツコツ重ねてきたが、「状況によっては自力を出すことを意識している」。2日目は先行した太田美穂―鈴木彩夏を追走。最終バックで石井寛子が前団をまくって抜け出すと、3角すぎから外を踏み、前の2人を追い越して2着に入った。踏んだ時には石井との差は2車身。スッと飛びつけていれば逆転まであったかもしれないが、それでも自らまくり追い込んで十分評価に値する内容だった。当銘は「いつもと違った競走ができて収穫があった」と手応えを口にした。
 
 4月の当地前回戦で記念すべき初V。決勝は石井貴子(千葉)と鈴木奈央の踏み合い。当銘はその後位で脚をため、直線で外からひょこっと顔を出して優勝をかっさらった。新人としては見事な立ち回りだったが、まだまだ将来性を感じさせたのが今開催だった。
 
 「マーク選手を極めることも考えたけど、目標が不発だった時のリスクがあるので。練習では男子とやるときは後ろを走るけど、女子だけのときは自力の位置で走っている。目指すのは同県の長沢(彩)さんのような何でもできる選手」。
 
 決まり手は「差し」「マーク」だけではなく「まくり」の割合が増えていくだろう。「練習でちゃんと体を使えるようになったら自然と体重が落ちた」とデビュー当時より8㌔減。すっかり勝負師の顔つきになった〝トメちゃん〟が頼もしかった。記者デビューした05年から10㌔以上増量中の私も見習わないと…。
 
 ♤出田 竜祐(いでた・りゅうすけ)1980年(昭55)9月29日生まれ、熊本県出身の38歳。明大卒。05年スポニチ入社。芸能、サッカー、ボートレース担当を経て昨年4月から競輪担当。開催中の松戸FⅡでデビューした115期のイチ推しは朝倉智仁(最終日7R)。