ニュース

【西武園FⅠ最終日11R】穴党は好調中本に注目せよ

 前走の富山記念(②①①❺着)で決勝まで駒を進めた中本匠栄。西武園準決勝9Rは近況の好調ぶりを示すように残り1周からカマして逃げ切った。

 

 「先行するのが片折君しかいなかったし、中団を取っても俺だけを警戒して駆けないと思った。片折君がペースで流していたので叩いた」と思惑通りに運びしてやったりの表情だ。「初日の感じが良くなかったのでウオーミングアップから考えてしっかりやった」と修正力の高さも見せつけた。決勝11Rの九州勢は林―中本―小川の並びで結束。穴党は自力を兼備する中本に熱視線だ。